株式会社KIZUKI

BLOG

ブログ

2024.3.29

『またい』の連鎖

いきなりですが、みなさん『またい』という言葉を耳にしたことはありますか?

私たちの地域では、たまに耳にします。たまにというのは、私たちの世代より一回りくらい上の方はよく使われますが、私の世代ではあまり使わないからです。

使い方としては、

『あの人に頼んどけばまたいわ』や『そうやってやればまたいわ』みたいな感じです。

どうですか?聞いたことありませんか?

『またい』の意味は、完全である。確実だ。間違いない

といった感じで良い意味でつかわれます。

『あの人に頼んどけばまたいわ』=『あの人に任せれば間違いないわ』ということですね。

しかし、地域によっては真逆の意味になるところもあるらしい。例えば、兵庫県では『またいやっちゃなあ、こけたりして』は『鈍いやつだな、転んだりして』となる。またい=動作が鈍い となるんですね。その他の県でも同様にあまり良い意味では使われないそうです。

ところが三重県になると、たちまち最上級の言葉になるのだから言葉って面白い。

実はわたくし、昨日またいをいただきました。ん!?いただきました??

はい、いただきました。

昨日、銀行で土地の取引がありまして、地主様を車にお乗せして向かいました。無事取引を終え、帰りの車中で地主様からこんなお言葉を頂戴しました。

『前野さんは仕事がまたいわ。頼んでよかったわ。土地売りたい人がいたら前野さんならまたいで絶対に紹介するわ』と。

ありがとうございます!!!!!!

※三重県桑員地区で、仕事がまたいと言われたらGOOD JOB!!(いい仕事をした!)と同義であることを覚えておいてください。

この地主様、すでに土地を売りたいと考えている方に『前野またい説』を言ってくれておりまして、ありがたいことについ先日、無事売買の契約まで至りました。

ありがとうございます!!!!!!!

『またい』の破壊力には驚かされました。と同時に思いました。

『またい』は連鎖する、と。

ひょんなことがきっかけで出会ったご縁で、喜んでいただいて、私も嬉しい気持ちになって、また次のご縁に繋がっていく。本当幸せです。

良い仕事してかなきゃって思いますね。

今日のブログ、またいの連発で、頭の中が、またまたまたまたまたって残像が残ってしまっていると思いますが、お許しくださいm(__)m

ではまた